美容液ランキング上位のルミガンとは

3月, 2015

now browsing by month

 

薬に頼らずまつげを伸ばすには

もともとまつげが少ない・短い、妊娠・出産によりまつげが抜けやすくなった、そんなまつげにお悩みの女性の声を多く聞きます。
まつげエクステやまつげパーマをする人も多いのですが、過度に行うとまつげに負担がかかって傷んでしまいます。
まつげに負担をかけるとやはり抜けやすくなり、細くて生えにくくなってしまいます。
ですが、まつげに負担をかけずに薬に頼らずにまつげを伸ばす方法があります。
「ルミガン」という本来は緑内障や高眼圧の治療薬として開発された点眼薬がまつげを伸ばす効果があることがわかりました。
使用した人の口コミにより、今ルミガンは静かに広まっています。
すごい効果があると言われる半面、「失明する」などといった悪いうわさが流れたのですがルミガンは医薬品ですのでそんな事実はありません。
ルミガンをまつげに塗布する際に目に入ったり、まぶたについた場合は目の充血やまぶたにかゆみを感じる場合もありますが症状は軽いものですしまつげに塗布する際に注意すればなんの問題もありません。
ルミガンの人気は効果だけでなく価格の手ごろさにもあります。
まつげ美容液やまつげエクステ、まつげパーマを行うよりも安価で手に入るため毎日使用しやすいようです。
安価だし、効果があるので大量に塗布したくなるかと思いますが使用量には少し注意が必要です。
個人差がありますが涙袋の辺りが色素沈着を起こしてしまうケースもあるようなのでまつげの様子を見ながら使用量や使用頻度を調節しましょう。
皮膚の状態やまつげの状態には個人差があるので自分に合わないと感じたら使用は中止するようにしましょう。
ルミガンは皮膚科でも購入できるようで、なんと皮膚科医の女医さんも多く使用しているそうです。

まつげ育毛剤の体験口コミ

ルミガンはまつ毛育毛剤として最近話題の薬品です。インターネットなどでも口コミでその効果について述べている人がたくさんいて、非常に効果のある薬として評判になっています。また、一部では通販で簡単に手に入るため、非常に手軽にまつ毛の増毛や定着が出来ると考えられているようです。
しかし、注意しなければならないのは、ルミガンはステロイド系の成分が含まれている薬品で有り、本来は医師の処方に従って使用しなければいけない薬品だという事です。現在はその成分の量が少ないために通販などの規制の対象外になっているのですが、他のステロイド系の薬品と同様、使いすぎると多毛になったり、炎症を起こしたりする危険がある薬品です。
ステロイド系の薬品はその効果は非常に高いものですが、正しく使わないと副作用を起こすことが知られています。また体質により副作用を起こしやすい人もいるので、医師の診断を受けてから使用することが必要な薬品です。
ルミガンはまつ毛の抜けを防ぎ、また太くして定着させる効果があります。特に女性の方はマスカラやつけまつげで本来のまつ毛の根元の皮膚を傷め、まつ毛が抜けやすくなってしまっている場合があります。このような場合でもルミガンを使用することで皮膚が本来の状態をとりもどし、またまつ毛の毛根を強くする効果があるため抜けにくくなり太くなるという効果が口コミなどで投稿されています。ただしこれはあくまでも正しい使い方を行っている場合です。
ルミガンは適切な使用を行えば効果は非常に高い薬品です。しかし通販などで購入した場合には自分にとっての正しい使い方が分からず、早くまつ毛を増やしたい気持ちからついつい使い過ぎになり副作用を招くことも有るようです。口コミで言われているような効果を上げるのであれば、医師の診察を受けて適切な使用法のアドバイスを受けてから使用することが必要です。

ルミガン以外のまつげ育毛剤ってあるの?

ルミガンは、本来は緑内障を治療するための目薬です。しかし、その副作用としてまつげが伸びたり、その量が増えたり、或いは濃くなったりすることが分かりました。その副作用に着目して研究がなされた結果、ルミガンは世界で初めて、まつげの育毛剤としての効果が立証されたのです。しかも、本来は緑内障の治療薬ですから、安全性も認められています。しかし、緑内障の治療のための目薬ですから、健康な人が処方を希望して眼科医に行っても、処方してもらうことはできません。一部の美容外科などでは処方してもらえることもありますが、美容目的でのルミガンの使用は、日本国内では殆ど認めてもらえません。
そこで、ルミガン以外にまつげ育毛剤はないのか探すことになります。まつげ育毛剤としては、ラティースという薬がアメリカで販売されています。ラティースもルミガンと同じ有効成分をもつ薬で、薬液の入っている容器に、まつげに薬を塗るための専用のブラシをつけた製品です。ラティースは、アメリカでは美容目的の製品として、政府の許可を得ています。
このラティースは、日本ではグラッシュビスタという製品名で2014年に発売になりました。グラッシュピスタの特徴は、日本で初めて、まつげ貧毛症治療薬として、日本の厚生労働省の販売承認を得ています。美容目的ですので健康保険は効きませんが、日本の多くの医療機関で処方してもらうことができます。
従って、ルミガン以外のまつげ育毛剤としては、日本ではグラッシュピスタを挙げることができますが、その中身はルミガンと同一となります。まつげ育毛剤の製品名としては別のものがあると言えますが、まつげ育毛剤としての成分は、まだルミガン以外にはありません。